近視は出来るだけ早めに治療することで治る可能性も

最近目が疲れてるのかなと思ったらどうするか?
子どもが「黒板が見えにくい」と言ったらどうするか?

ほとんどの方は「そのまま様子見」じゃないでしょうか?でも、「疲れ目」だと思っていたとしてもそこに思わぬ病気が隠れているということもあるんです。

「近視」はそれほど重篤な病気とは思わない、よく聞く病気だと思います。わざわざ名医を探してまで受診する必要もないと思う病気ではないでしょうか。

また、「近視」と聞けば、「眼鏡」とか「コンタクトレンズ」を思い浮かべるかもしれません。しかし、1回の診察ですぐに「眼鏡」となることはまずありません。名医であれば、いろいろなアドバイス(生活習慣や食生活などの改善)をして、眼鏡などが必要でないと判断をくだすこともあります。

「あの先生は目が悪くなって困ってるのになかなか眼鏡を作ってくれない」と不満をもらしていた知人がいますが、その後一向に眼鏡を使う様子がないので尋ねると「名医だったのかな?最近調子よくなってきた」などと手のひら返しのことを言ってきたこともあります。

また、大人の近視であれば自分で気付いて病院に行けば済むことですが、意外に多いのが子どもの近視。子どもの近視の場合治る可能性が高い仮性近視ということもありますから、学校の健康診断などで指摘されたら出来るだけ早く受診することがいいと思います。実際うちの子は「近視の疑いあり」で病院に行きましたが、生活習慣などの指導だけで現在は普通の視力です。

眼鏡などの矯正器具は最終手段として、出来る限り使わないで済むように考えてくれる先生は名医だなと思います。「近視が治る(見える)」ということも大切ですが、体全体のことまで考えてくださる先生が名医です。

スポーツをしているから目が悪いと困る、とか、仕事で車の免許が必要なので目が悪いと困る、とか一見必要なさそうなことまで聞かれ矯正をすべきか、矯正しなくても改善できるかを探ってくれます。

目は酷使すると悪くなるし、目が悪いことで肩こりの原因になったりと、思わぬところに影響が出てきたりします。
テレビなどで目に効くサプリメントなどを宣伝していることもありますが、たくさんあってどれが自分に合うのか分かりません。

悪くなることはないかもしれませんが、全く意味のないただの食品に大金をつぎ込むのももったいない話です。どうも見えにくいと思った時には眼科で見てもらうって大切だなと思います。結果的に目の健康も取り戻せるし、お金もかからずにすむかもしれません。